アンテナ工事基本の「き」

工事と費用、納得のいくものを選ぶ第一歩

昔ながらの八木式か、洗練のデザインか

屋根を見上げると、針金のたくさん付いた風見鶏のようなものが置いてあると思います。これは「八木式アンテナ」というもので、昔からあるおなじみのもの。
テレビ放送開始時から広く使われていて、その実績と電波受信の安定性は、歴史が証明していますね。アンテナ本体の値段も5000円かからない程です。
ちなみに、アンテナの短い棒の本数が多いほど、感度と価格が高くなります。
もうひとつは、建物の壁面に設置する、四角い薄型の箱のような形をしている「デザインアンテナ」というもの。
名前の通りデザイン性に富んでいて、最近はこちらのアンテナも増えているようです。
色も数種類から選べたり、設置場所も決まっていないので、八木式よりも自由度が高い印象です。値段は八木式よりやや高く、1万円程です。

タイプ別メリットデメリット

八木式アンテナのメリットは、屋根の上など高いところに設置ができることから、電波の受信感度が高いことです。電波は、地理的理由や高い建物などで受信障害が起きるので、高所に設置したほうが良好な環境が保てます。
デメリットですが、屋根に直接立てるので外観が良くないということ。また、雨風の影響を受けたり、鳥害の原因となることもあります。アンテナが倒れてしまうと、受信感度が悪くなったり、屋根を破損してしまうケースもあるようです。
一方、デザインアンテナのメリットは、壁に設置することで目立たず、外観を損ねません。コンパクトなので気象に影響されることもなく、鳥害を受けることもほとんどありません。このあたりは八木式のデメリットをすべて改善しているといえます。
デメリットは、壁に設置するため高さがなく、場所によっては感度が悪くなることもあります。また、壁面に穴をあけて設置する工事に理解が必要です。